« 出エジプト記 6月21日 | トップページ | 出エジプト記 6月22日 »

2011年6月21日 (火)

国会のゴタゴタ 6月21日

Dsc_0025
Dsc_0027



 被災地復興がなかなか進まない。誰でもそう言うがその責任はどこにあるのか。

 菅首相に

 民主党の内紛に

 野党に

といろいろ言われるが

 

国会大幅延長に自民無力感 民主幹部の「菅おろし」に望みつなぐ

2011.6.21 00:04

 政府・民主党が通常国会の大幅延長の方針を固めたことで、自民党は菅直人首相の早期退陣を確定的にできないままであっても、最終的には追認せざるをえないとみている。

 

国会の動きを見ていると

 自戒をしてそのゴタゴタから脱却しなくてはならない。

 

 国会会期の決定については、民主党が多数を握る衆院の議決が優先される。そのうえ、民主党国対幹部が会期どおり22日に閉会すると観測気球を上げた際、「被災地を放置して国会議員が夏休みを取るのか」と猛反発したのは自民党の側だったからだ。

 

 自民党は20日、都内のホテルで幹部会を開き、会期延長など国会対応について協議した。しかし、決まったのは民主党執行部が首相から退陣時期について言質を引き出せるかなど、政府・与党の動きを見極めることだけだった。

 

自民党本部という立派なビルを持っているにもかかわらず何故「都内のホテルで幹部会を開き」なのか。

そんな無駄なことをやっている時ではない。その経費を東北へ寄付したら。

 

 一方、公明党は大幅延長を容認する方針だ。公明党は本格的な復興予算となる第3次補正予算の成立を急ぐため、「国会を閉じるべきではない」(井上義久幹事長)と主張してきたためだ。ただ民主、自民党などとともに「復興・復旧のための協議体を作るべきだ」(井上氏)としており、首相に対しては引き続き早期退陣を表明するよう求めていく構えだ(産経ニュース)

 

少なくとも公明党の戦略は国民には好意的に映ろう

 

個人的には菅さんが希望している三本に法案を通して辞職してもらって新指導者にバトンタッチをしては。

この期間で民主党は「新」指導者を選べばよい。野党はそれで「ノウ」とは言えないようだ。そうして来春に総選挙ではどうか。

 

 

 


|

« 出エジプト記 6月21日 | トップページ | 出エジプト記 6月22日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会のゴタゴタ 6月21日:

« 出エジプト記 6月21日 | トップページ | 出エジプト記 6月22日 »